何事も、心が素直に表された形は自然で、また美しくもあり、私たちの共感を呼び起こすものです。

神社に参拝する場合、どうしても形にとらわれてしまい、終始形式的になりがちです。参拝作法は、永い間の変遷を経て現在、「二拝二拍手一拝」の作法がその基本形となっています。

そこに、どう心を込めるか、また込めたほうがよいのかは、参拝される皆さんの心の持ち様ではないでしょうか。

それがためには、具体的な形におけるそれぞれの作法の意味をわかって戴くことが重要です。もちろん、祈りの心は個々に違っていて当然ですが、参拝とそれにかかわる作法について、その「形」の前提にある「心」をわかって戴ければ幸いです。

神社本庁HPより


神社参拝の作法

  1. 入口の鳥居をくぐる前に会釈をし、気持ちを引き締めてから境内に入ります。
  2. 手水舎の水で心身を清めます。このことを「手水をとる」といいます。
  • 手水を取る方法
  • 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んで左手にかけ左手を清めます。
  • 次に柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を清めます。
  • 再び柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口をすすぎます。
  • 口をすすぎ終えたら、もう一度水を左手に流します。
  • 最後に水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置きます。
  1. 参道を通ってご神前へ進みます。
  2. 賽銭箱の前に立ったら会釈をし、神さまに捧げる真心のしるしとして、賽銭箱にお賽銭を入れます。
  3. 二拝二拍手一拝の作法で拝礼し、会釈をしてから退きます。
  • 二拝二拍手一拝
  • 深いお辞儀(拝)を二回繰り返します。 [二拝]
  • 次に両手を胸の高さで合わせ、右手を少し手前に引き、肩幅程度に両手を開いて拍手を二回打ちます。[二拍手]
  • そのあとに両手をきちんと合わせながら心を込めて祈ります。
  • 両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀(拝)をします。[一拝]

ご案内図

  • 交通のご案内
  • JR東海道線・横須賀線・横浜市営地下鉄
  • 戸塚駅下車 徒歩15分